2019-02

ビジネス

具体と抽象の間で成長していくということ

「具体」と「抽象」を往復することで人は成長していく。 「具体化」された行動を繰り返す中で共通項と差分を分け「抽象化」されることで「気付き」となる。 その「気付き」が次の行動のレベルを引き上げる、つまり成長に繋がる。 少し言葉を変えれば、具...
ビジネス

テンプレ感を無くすこと

何かと面白いツイートしているシャープ公式ツイッターの中の人が、良い記事書いてた。 『コミュニケーションは殺され、就活は続く。面接あるある話。』 人に語りかける中で「こいつの話を聞き続けてやろう」と離脱されないためのポイントは「次に予想さ...
デザイン

Bloggerが読みにくいのでnoteのCSSデザインを参考にしてみた

Bloggerのデフォルトテンプレートのデザインだと可読性が低く、読みにくい。 書いていてもなんかテンションあがらないなーと思い、今飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しているクリエイターサイト『note』のCSSデザインを参考にしてみた。 画像引用...
読書記録

【読書メモ】『新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋』

母国が素晴らしい実績を持っているというのは誇らしいものだろう。 しかし、ときにその実績が人の認知にバイアスをかけ、冷静に事実を受け入れさせられなくしている。 1945年の8月15日から荒廃した日本が「東洋の奇跡」と呼ばれた高度経済成長...
読書記録

【読書メモ】『すいません、ほぼ日の経営。』 / 川島蓉子、糸井重里

クリエイティビティの発揮を求められる機会が増えていく中で、「心理的安全性の担保」「ティール的な組織運営」「羊飼いのリーダーシップ」など新しい組織やチームのあり方について語られるようになって久しい。 この『すいません、ほぼ日の経営。』 では...
雑記

言葉遣いのセンスを磨く

Twitterでシェアされてた文章見てギクリとさせられた。 「語感に欠ける人間が言葉を 杜撰 に使いつづけると、言葉は力を失う。あれもこれもが同じ言葉で語られるうち、その言葉が本来表すべきものの尊厳が損なわれる。人はドレスを美しいと言い、犬...
ビジネス

リッチ化するコンテンツの波に乗るための瞬発力

可処分時間を奪い合うコンテンツ開発の流れは大きく別れて二極化している。 1つ目が大作化の流れである。 これはハリウッド映画をはじめとして「ヒト・カネ・モノ」の膨大なリソースをベースに作る超ド級のAAA(トリプルエー)作品群である。 つまり...
調べてみた

ヒカキンとデカキンの比較

ふと、そっくりさんやモノマネ芸人の影響力ってどんなもんなんだろうなと思い、ヒカキンとデカキンのデータを並べてみた。 #ヒカキンとデカキンの比較 ヒカキン デカキン 生年月日 1989年4月21日(29歳) 198...
ビジネス

変化をもたらす「初めての◯◯」

『「進捗」ではなく「変化」を目標とする意味』というBLOGを書いたが、その続きである。 要約すると数字面での目標管理ではなく「変化」をベースとした目標管理をした方が、インプットやアプローチに変化が現れ結果としてのアウトプットも良くなるとい...
ビジネス

断られてからが仕事の始まり

新しいプロジェクトだったり新商品の開発販売というのは、得てして多く障害にぶち当たる。 そんなときに思い出されるのが「断られてからが仕事の始まり」という言葉だ。 これは新規事業周りに携わってた先輩が話していた言葉で、今でも思い出して励まさ...
タイトルとURLをコピーしました